カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆アニメを見る男の姉妹ブログ 「Anime Fans Blog」 は動画付きです!☆

新世紀エヴァンゲリオン

言わずと知れた新世紀エヴァンゲリオン

これはかなりハマりました。

DVDをコンプリートするくらいですよ!

約1万円の限定プラモデルもGETしましたが挫折‥。

エントリープラグをなくしてしまうというトホホつきです。

この作品はリアルタイムでは見ていませんでした。

ブームになってから「どれどれ見てみるかな?」

と、なんとなく見たのがキッカケです。

綾波レイに萌え~な訳でもなく葛城ミサトにドキドキな訳でもなく、

単純に面白いと思いましたよ。

最初は。

後半は意味が分からなくなってきましたね。

次回予告で「サービスサービスゥ!」

と言ってる頃は良かったんですが、だんだん思想めいてきました。

碇シンジの暗い性格や惣流・アスカ・ラングレー

内に秘めた黒い部分、碇ゲンドウをはじめとする

登場人物の内向性がストーリーを複雑にしたのかもしれません。

用語についても説明がないものが多く、

人類補完計画でさえ何なのか最後まで伏せられていました。

解説本や暴露系の書籍も数多く出版されましたが、

今ひとつ釈然としませんでした。

と、言いながらDVDコンプリートです。

ついて行けないながらも結局は見てしまう。

文句言いつつも好きな作品だったりします。

☆アニメを見る男の姉妹ブログ 「Anime Fans Blog」 は動画付きです!☆

【theme : 新世紀エヴァンゲリオン
【genre : アニメ・コミック

tag : 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ 綾波レイ 葛城ミサト 惣流・アスカ・ラングレー 人類補完計画 碇ゲンドウ

伝説巨神イデオン

伝説巨神イデオンは機動戦士ガンダムの

後番組として放送された富野由悠季氏監督作品です。

不恰好なロボットとアフロヘアの主人公という

トンでも作品な雰囲気が漂いますが、

内容は人間のエゴや残酷さを描いた問題作です。

そもそも重要キーワードの「イデ」が目に見えるものではなく、

「見えざる力」に振り回される人間たちを浅ましさが際立ちます。

主人公のユウキ・コスモは16歳。

ガンダムのアムロと同じく視聴者が

感情移入しやすい年齢設定になっています。

基本的に登場人物は皆我が強いのですが、

コスモとイムホフ・カーシャは低年齢ゆえに

子供っぽい性格で周りをを混乱させます。

主人公側の地球連合軍と敵側のバッフ・クラン、

どちらが善か悪か、誰が敵で誰が味方かも

わからなくなる複雑な人間関係が繰り広げられ、

後半はまさにカオス状態。

星をあっさり消し去る武器や、姉妹同士のいがみ、

子供達が戦場で散っていく様など、

とても一般ウケしないであろう作品でした。

視聴率が低いゆえに打ち切りという

悲運もあり最後は意味不明な終わり方。

後に劇場版が公開され、その劇場版も

日本アニメ史上前代未聞のショッキングなラストとして

一部のマニアには「伝説」となっています。

残念ながらガンダムのように市民権を得る事は

ありませんでしたが「人間のエゴ」や「輪廻」など、

今まで表現されなかった世界観が描かれた強烈なアニメですね。

☆アニメを見る男の姉妹ブログ 「Anime Fans Blog」 は動画付きです!☆

【theme : アニメ
【genre : アニメ・コミック

tag : 伝説巨神イデオン ユウキ・コスモ イムホフ・カーシャ 富野由悠季

ドラゴンボールZ

ドラゴンボール⇒ドラゴンボールZと約10年間放送された、

言うまでもなく世界的に大ヒットした怪物作品。

原作は鳥山明氏でDr.スランプ(アニメではDr.スランプアラレちゃん)

終了後に週間少年ジャンプで連載されました。

原作物では珍しく、初回から最終回までちゃんとアニメ化されました。

ドラゴンボールはサイヤ人が登場するストーリーから

ドラゴンボールZとタイトルが変更になりましたね。

僕はZになってからが好きです。

特にフリーザ編ですよ!

敵であるべジータと手を組んだり

ピッコロもいい奴になってきたり

フリーザが圧倒的に強かったり。

前半は孫悟飯クリリンが中心で孫悟空が中々出てきません。

そのため非常に頼りなくハラハラさせられます。

やっと悟空が登場したかと思ったらギニューに変身‥。

べジータが倒されクリリンがやられて

伝説のスーパーサイヤ人になるという、

スリリングでスピード感のある展開は流石です。

若干アニメ版は引っ張りすぎではありますが‥。

原作通りに最後まで放送されるのは人気が

安定していた証でしょうね。

ドラゴンボールZは一回では語り尽せません。

本当にスゴイ作品だと思います。

ちなみにZではドラゴンボールを7つ集めるとこが楽勝になりましたね。

使い道が複雑になったのは面白いなぁと思います。

☆アニメを見る男の姉妹ブログ 「Anime Fans Blog」 は動画付きです!☆

【theme : ドラゴンボールZ
【genre : アニメ・コミック

tag : ドラゴンボールZ 週間少年ジャンプ 孫悟空 孫悟飯 クリリン べジータ フリーザ スーパーサイヤ人 ピッコロ 鳥山明

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。